blog

「甲秀樹と若き男子作家」イベント出演のこと

Jun 5

2013

久しぶりの更新です。
平木もIYAYOWORKも細く長く生きておりますよ。
最近のわたくし事については別の記事にします。

さて、平木大士のイベント出演情報です。

**************

『甲秀樹と若き男子作家』

●甲秀樹ボディ・ペインティングライブ
2013年 6月28日(金)
OPEN 19:15 START 19:30
2000円(1ドリンク付き)
絵師・甲秀樹  モデル・平木大士

●詩の朗読&パフォーマンスライブ
2013年 6月29日(土)
OPEN 19:15 START 19:30
1500円(1ドリンク付き)
①川嵜雄司(詩「闇の器」)/坂爪康太郎(仮面)/松崎英弥(衣装)
②平木大士(パフォーマンス/ラフマニノフ ピアノ曲にのせて)
/坂爪康太郎(仮面)/木村彰成(衣装)
【会場】 ポスターハリスギャラリー
東京都渋谷区道玄坂2丁目26番18号 朝香ビル103号室
TEL 03-5456-7218


【甲秀樹】
画家・人形作家
1951年生まれ。三重県出身。1998年より少年や青年を中心とした絵画制作を開始。
2000年以降、都内やオーストラリアにて、個展の開催やグループ展への参加を通して、
精力的に作品の発表を続けている。油絵、ドローイングなど、甲によって描かれる少年や青年の瑞々しさ、あるいは、その傍らに佇む小動物や昆虫たちの生命を見事に表現する耽美な世界観は、常に多くのファンを魅了してやまない。
近年では、人形作家としても注目され、2004年の個展「生人形展-Hitogata-」以来、
立体のみならず付属品に至るまで、リアリズムに徹した作品が国内外で好評を博している。
さらに、舞台やギャラリーイベントでは、役者たちへのボディペイントを手掛けるなど、
多彩な活躍も見せている。

http://www.hidekikoh.com/

 

〈企画〉生越燁子(ギャルリー美蕾樹)
〈協力〉坂井智明(株式会社ブランシック)、東京服飾専門学校、池田学園

*****************
6月の28日と29日にイベント出演です。

28日金曜日は、
甲秀樹先生に、平木がボディペイントをしていただきます。
ペイント後、もしかしたら、軽いパフォーマンスをするかもしれません。
その場の空気にもよりますが、なにかできたらいいなと考えています。

29日土曜日は、
平木が一人芝居をします。完全新作です。
ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第二番 にあわせたパフォーマンスです。

第一楽章は、
ロートレアモン伯爵の『マルドロールの歌』より、「第一の歌」を演じます。

第二楽章は、
ラフマニノフさんの残した有名な言葉
「わたしはもう何年もライ麦のささやきも白樺のざわめきも聞いていない」
に着想を得た仮面劇を演じます。

第三楽章は、
ジャン・コクトーさんの『ポトマック』という散文小説の演劇化をこころみます。
あいかわらず小難しそうな取り組みですが、
これを解体に解体して、だれでもわかるよう、もしくは、なんとなく伝わる、感じとることができるよう、してみたいと思っています。

 

チケットのご予約は、

下記のポスターハリスギャラリーまでご連絡ください。

TEL : 03‐5456-7218
E-MAIL : info@posterharis.com

御希望の日・お名前・人数・お電話番号をお知らせください。
メールの場合は、件名を「甲秀樹イベント予約」でお送りください。
※受付ご精算後、開場時に整理番号順(ご予約順)でご入場いただきます。

それではよろしくお願いします。

Comments