blog

舞台写真のこと 3

Jan 3

2012

前の記事のつづきです。

監獄めぐりのヴィドックは、身分を偽り、女と行商をはじめ、
ようやく暮らしぶりも落ち着いてくる。
しかし昔なじみの犯罪者たちに嗅ぎつけられ、ゆすられる。

ヴィドック?舞台写真(Ph/青木司)

そこでヴィドックは一大決心をして、逆に自分が警察の犬になって、
犯罪者たちの情報をリークすることで、苦しみだらけの逃亡生活から解放されようとする。

ヴィドック?舞台写真(Ph/青木司)

犯行現場。当時のフランスでは「あたため強盗」というのが出没していた。
家の主人を椅子に縛り付けて、足を焼かれるのがいやだったら金のありかを吐けと脅す手口。

ヴィドック?舞台写真(Ph/青木司)

ヴィドックは見事犯罪者を検挙して、ギロチンへと送った。

ヴィドック?舞台写真(Ph/青木司)

それからは犯罪者をみつけだしてはギロチン台へと送る日々。
地獄の沙汰もヴィドック次第。

ヴィドック?舞台写真(Ph/青木司)

しかしそれでも苦悩するヴィドック。
ギロチンへ送るというのは、人殺しなのではないか。
かれら犯罪者にも可愛らしい幼少の時代があった。
かれらは本当に裁かれるべき人間であったのか。
一人のなると、その自信がゆらぐときがある。

ヴィドック?舞台写真(Ph/青木司)

犯罪者たちをギロチンへ送るのは、一人の人間の命を奪うこと。
その奪われた命にも、重ねてきた人生がある。
ギロチンは可能性もすべて奪うことになるのか。
こうなるならいっそ、かれらは子供のとにき死んでおくべきだったのか。

ヴィドック?舞台写真(Ph/青木司)

ヴィドックは押し寄せる悪夢を振り払うために、ギロチンへと手をむける。
ギロチンを鳴らし、迷いを切り捨ててゆく。
そうしなければ、もう立ってもいられない。

ヴィドック?舞台写真(Ph/青木司)

こちらは殺された犯罪者たちの魂。
ちなみに白い袋のなかには、切り落とされた生首が入っているという設定。

ヴィドック?舞台写真(Ph/青木司)

醜悪なる男たちの悪魔のダンス。

ヴィドック?舞台写真(Ph/青木司)

これは一番やりたかった、二人羽織りダンス。
映画「サンタ・サングレ」を観ていただけたらより、楽しめます。
手なしの母の代わりに、母の手になるフェニックス。


つづく。

Comments