blog

御礼のこと

Oct 4

2011

現在、ヴィドックの稽古中です。

ここ二カ月ほどイベントに舞台にとめぐまれまして
ブログの更新が滞っておりました。

あらためまして、お礼をいわせていただきます。

「セーラーボーイ」のイベントにお越しいただきました方、まことにありがとうございます。
「大山デブコの犯罪」にお越しいただきました方、まことにありがとうございます。

どちらもとてもすてきな時間でした。

「セーラーボーイ」では仮面作家坂爪康太郎さんによる仮面をかぶり、エセーニンの詩の朗読をさせていただきました。

演出にはチャチ氏をむかえ、間と音楽との絶妙な効果を駆使して、濃厚な時間を紡いでおられました。とても見事でした。
おいでいただいた演出家の竹邑先生にもご好評いただき、本当にありがたく思っております。

また、絵師・甲秀樹さんによるボディペイントもとても美しかったです。
ぼくの身体にたくさんの花が咲き誇りました。

ボディペイント写真 絵・甲秀樹

「大山デブコの犯罪」もまた刺激的な日々でありました。

歌に踊りにお芝居に、さまざまなことをやらせていただきました。
共演者の方がたにも恵まれ、毎日稽古場にいくのが楽しみでした。

もちろん、厳しい稽古ではありましたが、たくさん「笑い」ながら芝居を作れたことが
いちばんの幸せかもしれません。

また丹精込めた大道具の数々もご好評いただき恐悦至極。

なかでもエメラルドに光り輝く巨大なお魚さんが気に入っていただけたようで、作った甲斐がありました。

エネルギーにみちみちあふれた公演でした。

そうしてデブコも終わるや、すぐに「ヴィドック?」に本腰をいれ、いったん手を止めておいた作業や事務を一気にこなしながら稽古を進めているところ。

あと一息、ここを乗り切ればあとは楽しい時間が待っているはず。

いまはそれを信じてひたすら苦しい時間に耐えて一歩一歩進んでおるところです。
出演者もほぼ半数が入れ替わり、また新しい「ヴィドック?」をREVENGEバージョンとしてお届けできそうです。
いまは新出演者の魅力を探っているところ。

すこしずつつかめてきましたので、あとはひたすら滑走路を造っていきたいと思います。


てんまでとどけ、いち、にの、さん。

Comments