blog

「動物のはなし」のこと まとめ

Mar 7

2013

平木大士一人芝居「動物のはなし」、無事に終えることができました。

ご来場いただいた皆様、応援いただいた皆様、まことにありがとうございます。

たくさんの感想もいただきました、たくさんの差し入れもいただきました。
どれも心やさしいものばかりで、大変うれしく思っています。

とくに今回は、多くの好評をいただいて、ありがたいかぎりです。

また「動物のはなし」ということもあり、
動物とコラボレーションした格好や、持ちモノや、差し入れをいただきましたこと、
感謝というよりも、幸福でございます。ありがとうございます。楽しませていただきました。

ほんとうに皆様ありがとうございます。
ご来場できなかった皆様のために、こちらの舞台写真で、
すこしでもイメージをしていただけたらと思います。

動物のはなし舞台写真

このように、展示品に囲まれるなかでの公演でした。
左には寺山修司さんの写真、右には書籍が並んでいます。

この舞台スペースも、ギャラリー営業中は展示品があるのですが、
ギャラリー営業終了後、30分程度で片づけと設置をしてこの状態へもってゆきます。

短編集ですので、奥に並んだしろい箱のうらに、衣装や小道具を仕込んであります。
物語と物語のあいだには、ぼくは着替えながら「人間のはなし」をしました。

動物のはなし舞台写真

ちなみに、こちらの写真は「うさぎのはなし」の写真です。
男が女に宛てて手紙を書いているテイで話は進みます。
男は、別れた女の部屋に越してきたのに、うさぎを吐き出してしまうのです。
下の写真はうさぎを吐き出した直後です。

動物のはなし舞台写真

今回はこうした映像とのからみもたくさんありました。
オープニングで使用したアニメーションは近日中にネット上にアップ予定です。

動物のはなし舞台写真

わけあって、会場での写真は「うさぎのはなし」だけしか撮れませんでしたので、
こちらは稽古中の「いぬのはなし」の写真を載せてみます。

動物のはなし舞台写真

ある室内で、男女二役を演じるおはなしです。
本番では中央のロウソクに火を灯しました。
今回の公演の映像は、編集をして、ネット上にあげる予定ではいますので、しばらくお待ちいだたけたらと思います。

もし興味をもたれたならば、ぜひ次回は会場までいらしてください。

Comments