blog

進行 のこと

Sep 26

2014

稽古の進行について、
どのように進めるのが効果的なのか、いつも考えます。

動きや立ち位置などの外枠から決めてゆくべきか、
キャラクターの内情を緻密に作っていくべきか……。

もちろん全て同時進行なのでしょうが、最初はやることが多くて、どうしたものやらと、良い方法はないか探しています。


感覚としては仏師の気分です。
目の前には大きな木材。
まず、大まかな形を削り出す。
つぎに、部位をわけてゆく。
そして、細部を仕上げていく。

いまはようやく大まかな形を切り出し終えたところでしょうか?

どのような形になるのか、気持ちとしては、すでにその塊の中にぼんやり見えているのですが、
あわてて作業を進めれば、こちらも疲弊して手元が狂います。

イメージを膨らませながら、次第次第に、木と向き合う。

なにしろ、昔漫画で読んだ仏師さまの言うことには、
仏の姿を作るのではなく、
木の中にすでにいらっしゃる仏様を、木を払って『取り出す』のだそうで。

肝に銘じておりますよ。
なむなむ。

Comments