blog

アンネ・リスベットのこと

Jun 29

2012

お知らせ。

平木大士が一人芝居に挑戦します。
IYAYOWORKの番外公演のようなもので、
作・演出・出演・衣装・大道具・小道具ほかもろもろ、平木大士です。
三十分ほどの短いお芝居ですが、IYAYOらしさを注ぎこみたいと思っています。

※※※※※※※※※※※※※※※

平木大士単独公演
『アンネ・リスベット』(原作 ハンス・クリスチャン・アンデルセン)

【あらすじ】
醜い赤ん坊の母親となるか、綺麗な赤ん坊の乳母となるか。
アンネ・リスベットは、わが子を捨てて乳母となり、幸福な暮らしをおくる。

やがて、アンネ・リスベットの前に死んだわが子が「浜幽霊」となってあらわれる。
「おかあさん、どうかぼくを教会の墓地に埋めて下さい。」
しかしアンネはその子の願いをかなえることができず、
魂の半分を、海の底に持っていかれてしまう。

それ以来、アンネはわが子のことばかり考えるようになった。
どうしたら醜いわが子を救ってやれるのか。

【日時】
2012年8月29日(水) 20:00~
     8月30日(木) 20:00~

【場所】
ポスターハリスギャラリー

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2丁目26番18号 朝霞ビル103号室

【その他】
入場無料(投げ銭制。よかったら財布の隅の小銭を投げてやってください。)


ポスターハリスギャラリーさんは、「寺山修司の幻想写真館」の会期中です。
寺山修司さんの幻想写真にかこまれるなか、公演をすることになります。
ご了承ください。

こちらは寺山修司さん関係の総本山でもありますので、ギャラリーの展示を見るだけでも大変面白いかとおもいます。

Comments