IYAYOWORKについて

2007年旗揚げ。
平木大士が劇作する劇団である。読みは「いやよわーく」。
日常に虚構の横風を吹き込ませ、現実の足場をぐらつかせる作品作りを心がけている。
偏屈なセリフ、乱暴な演出、繊細な人物、ギョットするギミックなどが得意。
オープニングはコラージュアニメーションが彩る。

「夢のなかで握りしめた女の髪の毛が、
目を覚ましてもまだ手のなかに残っていた。」
というような演劇ができたらいいなと思っている。

IYAYOWORKの「IYAYO」は、「嫌よ嫌よも好きのうち」より拝借。
働くのが嫌という宣言ではない。