blog

間仕切りでの午睡

Mar 18

2009

おお、ちょっとした問題が発生。

応募要項をもう一度確認したところ、行数と字数の設定を間違っていて、あっというまに超過!

いらない部分は大部分カットしていこうかとおもいまする。



さてさて、今日新宿紀伊国屋の画廊にて、人形の展示がしてありました。館内に貼ってあったポスターで知ったので、すぐに見に行きましたが……これが気持のよいのなんの。



人形といっても、子供のおもちゃのようなものでもなく、アンティークのようなもので、どれも五頭身はあったかと……すごく精巧に作られていて、人間そっくりなものから、前衛的なものまでたっぷり置いてありました。



どれをみてもキュンキュンと手を出したくなるような歯痒い感じがして、どうやら僕はすごく人形が好きなようです。可愛らしいもの、はかなそうなもの、もろそうで破壊衝動をかられるもの、背徳感を味あわせてくれるもの、人形と私とだけの特別な区切られた空間をそこで築きあげて関係や対話を結べるもの……。



なかでも四谷シモンさんのはやっぱりなにか説明しようのないものが違ったきがしました……ハンス・ベルメールの人形は素晴らしくエロティックだと噂でしか聞いたことがないですが、こうした人形にこのような倒錯したものを感じはじめると、是非とも巡り合ってみたいと思いました。

Comments