blog

喉元の蟹

Jul 21

2008

『ツィゴイネルワイゼン』

確か僕が生まれる前に作られた映画です。

なんでもその年の映画関係の賞を総なめにしたなようで…

難解に難解で、全部見終わった後、時間をかけてようやく全貌が見えてくるかのようでした。

野性にあふれ女性を引き付ける妙な魅力をもった男、中砂。彼という異様な人物を、彼の友人である男の視点から体感していくようでした。

女性を破滅させたり変態させたり…今風に一言でいうなら甲斐性無しなのであるが、その一言では片付けられない「艶」が、女性も友人も観客をも引き付ける。



ストーリーも骨子が美しく、骨に異常な愛着を持つ中砂ならではだと…。



とても言葉で説明しきれないので、見てもらうのが1番かと。

とにかくこういった映画は大好きだ。





ラストシーンは唐突に訪れて頭の中は一瞬真っ白になるんですが、ゆっくり考えているうちに、いつ死んだとかいつまで生きていたとかそういった現世的な考えではなく、中砂という人物と照らし合わせた際に、観客側の世俗に生きている僕らは気がつかないうちに死の淵にいるのだとか…そのようなことがいいたかったのではと、今はそぅ思う。

もう一度見たらまったく違う感想になるかもしれません…

Comments