blog

半透明のフィルム越しに観るぼやけた色

Jul 18

2007

すいません、ブログのクセに不定期更新なイヤヨの平木です……





少しずつではございますが、稽古や準備が忙しくなってまいりました。



本日は大道具用に、「布」を買いにいきました。

舞台づくりの際、僕は布屋さんによく出向きます。



前回の「軋み」の公演の時にも布には大変お世話になりました。袖幕や大黒幕なんかは会場のものを貸していただけたのですが、窓の外の景色を映す白いスクリーンのような幕は、イヤヨお手製です。ミシンで縫い上げました。



それから、舞台左手側にドデンと突っ立っていた「木」も、ダンボールで心材を作り、そこに布を巻いていたのです。



今までは池袋のkinkadoさんに行っていたのですが、そこよりももっと安いお店があるという話を聞いていたので、制作費を削減するためにも開拓を始めたのです。



向かった先は巣鴨です。知っている方は知っている、巣鴨の繊維街という通りにある、TOMATOというお店。



安いの何の。メーター100円で使えそうな生地が所狭しと並べられておりまして、一角にはコスチュームぷれい用の生地やカツラまでもが置いてありました。



布屋さんは服飾関係のお客が多く、動きやすい服装ながらもオシャレさんがたくさんいます。

そして皆布しか見てないので、他人に対して冷たいです。人どころじゃない目をしてます。



探していた布もメーター100円コーナーから容易くみつかり、予想していた金額をはるかに下回る額で、お目当ての品をゲットできました。



TOMATOすごいです。



でも、なんだか街全体がピリピリしているような雰囲気。

その通り一帯は布やが立ち並び、何処となくオシャレな服装の方が歩いています。布屋で布を選ぶ人々がそのまま街に開け放たれたような感覚で……ここでバーゲンなんてあったら死人がでるんじゃなかろうかとヒタヒタ感じました。





巣鴨ってお年寄りの町と聞いていたのですが、この調子ならまだまだ元気そうです。













↑選挙間近!クリックで投票の腕鳴らし!……[:女:]



Comments