blog

午前の汽車に乗り遅れ 着いた東北 かげすまし

Aug 12

2007

わっせ、わっせと大道具をこしらえていますが……本番に追いつくでしょうか?なんだか心配になってきました。



イヤヨワークが発足してから、早2年。公演は今年3月に一回目を迎えたのですが、準備期間というものを設けていまして……

イヤヨワークという言葉の由来は、もともとは「イヤヨワークショップ」というところから来ています。

準備期間中に、芝居を作る前段階として、色々と模索しておきたいことがあったのです。



それが「イヤヨワーク」というチーム名、母体名に決まったのは、実は第一回公演後あたりです。



イヤヨワーク→イヤヨのお仕事。このひびきが僕のなかでなんだかピッタリときたのです。



演劇をするだけでなく、イヤヨから演劇を変えていく。イヤヨが演劇を仕事する。改革とか……

せめて口でくらいデカイことを言っておきます。





そういえば「風刺をテーマに」ってのも、第一回公演の前後くらいですね。

準備期間あったのに、方針が何一つ決まってなかったのですよ。

ほとんどが、動き出した後についてきたものです。



でもまたそれでいいんじゃないかと思います。



理詰めで動けないので、動いてから着いてくるものを取捨選択して、采配する。

僕の場合、動かないと始まらないみたいです。



だから、その着いてきたもの一個一個、捨ててきたもの一個一個に記憶と責任をもとうかと思います。



先人は「迷わずいけよ、いけばわかるさ」と仰っていましたが、なんだかよくわかります。





江原啓之さんの本で、ガイドスピリットの方の言葉を編集した本の一説に

『本つたましいは単純ぞ。学ばずしてただうごめいておるよりも、経験を果たすべく、やりたいだけやることじゃ。』

とありました。



この一文はたびたび背中を押してくれます。









イヤヨの鵜飼い『漢盛りマクベス』 チケット発売中!!










↑あわてない、あわてない。ひとやすみ、ひとやすみ。[:ひらめき:]

Comments