blog

六畳間とわたし

Jul 27

2009

日本酒にはまりたい。



けど、お金がないので、あれやこれやと手を出すわけにもいかず……







清酒とか大吟醸とか精米歩合とかいろいろ表記してあることも、

もっと詳しく知りたいなと思う。



「もやしもん」というマンガで、そうゆう表記にちゃんとした意味があるんだと知って、じゃあ今までぼくが飲んでいたお酒は本当に日本酒であったのか……てんでわからないもんです。



毎年実家に帰ると、母がお酒をくれます。それには「清酒」と書いてあって、「樽酒」とも書いてあります。

ほのかに木の香りがしてすごくうまいのです。



服にくるんでキャリーケースに入れていたのですが、空港で見破られて、渋々手持ちにしていつも持って帰ります。何度か挑戦したのですが、戦績は一勝三敗と負け越し。



そういえば、近所のとんかつ屋さんで出してもらったお酒も絶妙な味でした。

トンカツ屋で、日本酒?と思うのですが、店長が好きみたいで。

お勧めのものを、月々仕入れているみたい。

最近は金欠で足が遠のいているけれど、またトンカツ食べに、おいしい日本酒を飲みにいきたい。





先月はスーパーで買った、モンド賞金賞を獲ったというものを飲んでいた。

それも飲みやすくておいしかった。



……今度は酒屋に挑戦しようかと思うが……

こんな若造が挑戦してもいいものだろうか……。

お酒に興味はあるのだが、僕なんかがまっとうな舌をもっているとも思えない……。



まあでも楽しく飲めたらいい。





とこんな風に、あくびが出るくらい、お酒と平凡な付き合いをしている。







さて、もう一息です。

いきみましょう。

“六畳間とわたし” への1件のコメント

  1. イソガイ より:

    待ってました!もう、本当、それだけです。
    最近パソコンを触る機会がなくてご挨拶が遅れました。
    3月、予定が会えば必ず!!!観に行かせていただきます!

Comments