blog

ニ・キ・ビ。

Jun 6

2007

マクベスのもう一つの要素についてチラリホラリ。



今更になって「ビキニ水爆実験」に触れるのです。

核といえば、ヒロシマ・ナガサキが根深いのですが、今ひとつ、もう一度そこに、ビキニと続いてもいいのではないかと。



鶏が先か、卵が先か…ではございませんが、この「ビキニ」の軸は、半分ほど書きあがったころに巡り合いました。

マグロを釣りにいった、女マクベス(幕部鈴)とバンクォー(伴久雄)。そこで何かとてつもない事件はないかと、「海」と「船」と「マグロ」を頭に思い浮かべて連想ゲームやら、パソコン弄りやらしておりますと、ふいにこの「ビキニ水爆」に行き着いたのです。



そして、そのビキニ。調べれば調べるほど、ボロがボロボロ出てくるのです。





ケネディ暗殺の極秘公文書も何十年か封印されてるらしいじゃないですか。



なんでもアメリカ的な「時効」まで持ち込もうとする、その公文書の封印とやらが、ビキニについては、少しずつ公開されだしたのです。





詳しく知りたい方は「隠されたヒバクシャ 検証=裁きなきビキニ水爆被災」という本をお読みください。

ついでに右の本の紹介のところにも載せておきます。



まあヒドイんですよアメリカ(あいつ)ら。



簡単にだけ僕にとって衝撃的だったことを書きますと……



・ビキニ水爆に被災したのは第五福竜丸だけではなかった。(日本国籍の船九百隻と、近隣の島々に住む人々。中には故意にヒバクさせられた島民数百人。)

・ヒバクしたマグロが水揚げされたということで、日本では『ヒバクマグロ』といわれ恐れられた。(一時は水揚げを規制されたが……何故だかいつの間にか規制がとかれた。)

・ビキニ水爆被災で、原子爆弾の放射能による被害がようやく認識された。





たまらんですな……

ちなみに、世界初の水爆での死亡者は第五福竜丸に乗っていた無線長・久保山愛吉さんです。



日本という国はとことん核と仲が良いんですね。



流石に、その久保山愛吉さんの奥さんの名前が「すず」だと知ったときには鳥肌が立ちました……









↑くりっくおねがいしマス!

Comments