blog

ゆらぎましょう

Dec 29

2008

宇宙は、複数存在するらしい…

地球→太陽系→銀河系→銀河団→………とどんどん視界を広げていき、最終的には「無限に広がり続けているかもしれない」宇宙という単位に行きつく。じゃあ宇宙の果てとはなんなのだと…



どんなに高性能の望遠鏡を発明したとしても、宇宙が誕生したというれる何億光年先までしか見えないはず…その先は、宇宙誕生以前の世界??



なんて素人考えで思っていましたら、今日あったテレビをちらりと見ると、なんでも、宇宙ですら、複数存在するかもしれないらしい。



図では、母宇宙から子宇宙がいくつも作られてましたが…





となるとですよ、どうせそのうち、宇宙系や、宇宙団…さらにはまた別の単位がとかなるんではないでしょうか???



「果て」はないですね、こりゃきっと。



何百年前までは、海を眺めて、「この海の先は巨大な滝になって、落ちていくんだ。」という『世界には果てがある』のが通説だったころを思うと…



バスコダガマさんやコロンブスさんが、果てなんてないぞ、地球は丸いぞというのを発見してからは、僕らはぐるぐる円周上を回りながら、いろんなものの果てを探そうとはしているものの、どこまでいっても果てはない…





いろんな理論や推論を打ち立てる人間の脳みそはどこまでいくのだろうかしら…

不思議なことですが、その人が考えている宇宙像というのは、その巨大さにも関わらず、この小さな脳みその中に納まっているのだもの…



なんだか…解せない…。







ああ、年末のせいもあって、生活のリズムや、書いている内容も、とてもゆるくなっています…いかんですなあ…

Comments