blog

まる

Feb 3

2008

恵方を向いて、無言の格闘。

買ってはいたものの、冷蔵庫に仕舞いこんでいて、気がついたのは、夜の23時45分。

急いで、豆まきして、部屋べやを周り、おおまかに恵方を向いてほうばった。



喋ってはいけない。時間がない。それにもまして、太い。



スリリングな節分になりました。





東京は大雪。

福岡出身の僕からすると、こんなに雪が積もるのは5年に一度くらいじゃなかったか?

東京大雪は2度目の経験。



公演前の最後のお休みなので、買出しに行こうと計画していたのですが、自転車すら間々ならないので、いろいろと断念。雪の中徒歩で駅まで向かいました。



平然と雪かきをしている方々。家に「ゆきかき」があるというのが不思議な感覚。もっと北部のものだと思っていたので。



子供も日曜の雪ではしゃいだのか、昼ごろにはごろごろと背丈1メートルもあろうかという雪だるまが。



立派に枝で顔までこしらえてあった。



が、中でもひときわできばえが良くて印象に残った雪だるまが、買い物終えて帰ってくると、頭が、蹴られて落ちたように不自然にへこみ、ただの丸になっていた……



雪だるまの首を折る節分の鬼。





道端には雪を溶かすクスリがばら撒かれていたりした。





さて、本番までもう一息です。

明日は大道具をそろえた稽古をやるよていです。



無事を祈ります。

特に路面の凍結は恐ろしいです。もちろん稽古場まで車で運びますので…



雪ニモマケズ。









↑鬼は外 福は内 ハトの喜ぶ 豆鉄砲 [:雪:]



Comments