blog

ためこみすぎました。

Nov 19

2010

十一月も半ばをすぎまして、寒暖差に身体が追いつかぬまま迎えた、ここ数日の急激な冷え込み。
背中がスカスカする妙な気配を感じながら、また東京を歩いております。
前回更新から二週間というのに、なんだか密度の濃いイベントが発生して、時間を長く感じてます。
一つめ。
井の頭線の新代田駅をおりたところにある、とてつもなく雰囲気のある(怪しい)お店につれていってもらいました。
その名も「中級ユーラシア料理の店 日の本軒」。
店名からしてインパンクトが……いろんな謎とツッコミが生まれてきますが、
まずはそれをぐっと飲み込んで店内に足を踏み込むと、
アヴァンギャルドな世界?横尾忠則さんのポスターや、シュールリアリズムな品々、ユーラシア大陸的なものがごっちゃりと空間を支配している。
なんでもこのお店、予約してないと「今日はバイトの子がいないから~」と入れないかもしれなかったり、遅刻者がいるとメニューもらえなかったり、「まずビール。」という定番の文句が「お食事ですからゆっくり考えて……」と切り替えされて、注文できなかったりと、
雰囲気さながらな応対をされるのです。
いえ、接客態度の話をしているのではなく、おそらくマスターの「おもてなし」の流儀がしっかり決まっているんでしょう、決してぶれないのです。
その異界の者めいた異様な風体、ノートルダムの鐘つき男とみまごうばかりの大男でありますが、心根はとても優しく素敵な方なのです。
ですから、客席(ココ)では、その流儀にのっとって、お食事しなくてはならないのですが……
メニュー表をみても、それがなんの料理かいまいちわからない……。
この店の経験者の方につれられてきていたので、お任せでいたのですが、これまた注文にしても酷く緊張します。
なにせ「追加」ができないかもしれないので。
ばらばらに注文したものを、前菜、スープ、オードブルというように振り分けて、満足いくようなコース料理にしておもてなししてくださろうとするのです。だから追加をすると、せっかくのコースを破壊してしまうかもしれないので……
どきどきしながら注文をしていくのですが、やはりチクリとくるところがありました。
量が少ないですよと気遣ってくださったのです。一人前はこれくらいしかないですよと、この人数ではとても少ないと思います。この串も、このタンドリーチキンも、一人一個がちょうどいいくらいですよと。
初心者の僕ならば、じゃあ一人一個でというところですが、経験者は違いました。
なんでも、とても一人一個じゃ食べきれないような量らしいのです……。
この精神的な攻防と葛藤。スリルとサスペンスが、すでに注文時からあるのです。
しかし、注文も終わり、運ばれてきた料理はどれも絶品。
独創的な料理もあるし、なんといってもスパイス・香辛料の加減がすばらしいんです。
はじめてエスニックな料理をおいしいと思ったかもしれません。それにはたぶん、お店の雰囲気もあいまってだとおもいます。
食事を終えると、あとは安心して何時間でもいていいらしいです。本当に不思議なお店でした……またきたい。
二つめ。
福岡の専門学校時代の仲間が集まりました!
声優やってる同期の人が誕生日イベントで、ビデオレターを流したいらしくて、同期枠で撮影をすることになりまして。
先輩後輩含めて8人。中には5年振りくらいに会う人もいて……とても幸せな時間でした。
ちょっとした確執や行き違いから、会わなく会えなくなっていたひと……東京に来てからもう6年目になりますが、それだけの月日があれば、ドラマは腐るほど生まれます……とても切なくさびしく、会えない期間が長引くほどに、なんだかいたたまれなく辛い気持とか、後悔とか、謝りたいとか、とにかくまた笑顔で会いたいとおもうようになりまして、
すこぶる感傷にひたったり、追憶を楽しんだりして、まぎらわしていたのです。
それこそもう夢にまでみるくらいに。
だからもう、その再開たるや、まるで夢をみているようでございましたよ。
時間としては数時間の逢瀬でしたが、また今度飲みに行こうということになりまして、
おそらく、みなさまも同じ気持ちだっただろうと思います。だったらいいな。
解散後、なんだかその残滓を味わいたくて、放課後のぬるっとした感覚に浸っていたくて、時間のある先輩につかまって、また別の同期に会いましたよ。
こちらさまも、在学中には非常にお世話になりまして……毎晩泊めてもらったりとか、元カノとからめた修羅場を演出してもらったりとか、長野に巡礼にいったりだろか、いやはや一言では言えないほどでして……こちらも4年ぶりくらい?
どなたにしても、変ってないどころか、さらに性格に磨きがかけられてて、それぞれ豊潤としておりました。
会えてよかった……今月一番の出来事ですね。
三つめ。
快楽のまばたきでご一緒した羽衣堂おねえさまが度たび家に遊びにいらっしゃいまして。
それはそれは楽しい晩餐会でございましたよ。
わたくし、おねえさまをとてもいとおしくおもっておりますの。
ひさしぶりに、「あ、みつけた。」という感じになってまして、
この縁は切りたくないんです。いつなんどき、僕が失言をして怒らせてしまうやもしれませぬ……それだけはなんとしても気をつけたいです。
そのほかはもろもろとございます。芝居も何本か見に行きました。
羽衣堂おねえさまの芝居もありましたし、
「タンゴ」というコクーンであった、長塚圭史演出・森山未来主演の芝居も見に行きました。
これは……後日書こうかな。
カムカムミニキーナの公演も見に行きましたよ。
本公演というよりは、プレミアム公演的な再演でしたが。それでもずいぶんしっかりしていて!
二十周年特別企画として、いま、三部作の最後の公演「水際パン屋」というのをやっているのですが、千秋楽のみ、12時から第一部「浜燃ゆ~らっこ編」、15時から第二部「浜燃ゆ~つばめ編」、で夜に第三部……という興行いえ、狂行しておりまして。
どうやったらそんなことができるのだろう……。二十年というのは、そうゆう公演も可能にするのかしらん……。
お笑い劇団かと思っていたら、意外や意外。最終的にはアングラ芝居のようになりまして、作・演出・出演の松村武さんはなんだか唐十郎のようになってまして……驚きでした。
そういえば今日の「とんねるずのみなさんのおかげでしたっ!」で唐十郎で盛り上がってて、爆笑してしまいました。
あ、そうです、大道具作らねばといっていて、台本の手直しに時間をとられていました。
ようやく、手直しは落ち着いたようです。あとは、稽古に入ってから変っていくかと!


“ためこみすぎました。” への2件のフィードバック

  1. はいど~あや より:

    あら~、愛されてるわ、アタクシ(>w<)
    ん? 愛玩されてるわ、かしらん?
    嫌ってほど遊びにいくのでよろしく~~(^^)v

  2. ひらき より:

    いつでもいらっしゃいまし♪
    いじりたおします♪

Comments