blog

ここ数日の。

Apr 18

2009

濃密なひと月であったように思います。





前回の更新の後、諏訪湖に旅行に行ってきました。

IYAYOの酋長を連れて、杉村と平木との三人旅。

狙いを定めたオフシーズンの信州は、スキーすら滑らない僕らにとって、まあ見事にゆったりとした時間の流れること。行く先々での、寂れたような静けさが、隙間風のように、すうすうと吹き抜けました。が、そこは腐ってもわれわれは芝居やるものですので、なんとかして楽しみぬく策を打ち立てて、うま味を吸い尽くしてきました。計画は立てておくべきですが……独りよがりになるものよくないという教訓。温泉にふやけるまでつかって、旅の中日で湯あたりしました。





旅から帰ってきて数日。以前から取り掛かっていた小説の締め切りが迫ってきましたので追い上げに入りました。旅の前日に草稿?は出来上がっていたので、あとは改訂していくのみだったのですが、これが思った以上にはかどらず……起きてはパソコンに向かう日々が続きました。170ページあったものを130ページに削っていく作業は死に物狂いでした。はじめての小説に根を詰め過ぎたのではとも思うほど。それでも、書き終えた後の達成感というものは久しぶりに感じられました。厳しい作業でした。個人的には面白いものになったと思います。当初予想していたものとは遥かに出来が壮大なものになりました。



そして、その提出期限ぎりぎりまで粘って徹夜も開けたころ、次は福岡に飛ばねばなりませんでした。友人の結婚式がありましたので。はじめての結婚式の上に、挙式にまで呼んでいただけて、高校時代の友達で会うのも卒業以来だったのですが、相変わらずの関係でいてくれたことに非常に感謝しました。(どうも東京とか、また年をとるにつれ、疎遠になればなるほどかつての関係を廃れたものにしてしまう人が多いので、時間にも動じない関係というものは有難いことです。)

チャペル式の結婚式でして、この攘夷気分の僕ですが、気恥ずかしがりながらも丁寧に賛美歌を歌わせてもらいました。フラワーシャワーも浴びせました。余興をお願いできないかといわれていたのですが、書き物に追われてそうゆう時間も作れませんでした。まだまだ若いです……。

披露宴ではおいしいものを頂きながら、集まった同級生らと話が弾み、その勢いで学生時代さながらに新郎に冗談を言ったり。各種イベントを楽しませてもらったり。楽しんでいるうちに、くじ引きに当たり、火星の土地を頂いたり……。いやあ、本当にいい体験をさせていただきました。おめでとうございます。

二次会では、この後半戦にしか参加できなかった同級生とも合流してさらに話も盛り上がってり、ちょっとした同窓会。当時の関係のまま継続しあえる気のいい人たち。それぞれ仕事に就いていたりして、やれ教師だ警官だ、銀行員だ不動産屋だ……それぞれの職業の面白話に裏話をたんまり仕入させていただきました。ありがとうございます。楽しい時間でした。

思わず飲み過ぎて、その晩もどしてしまい、翌日までも酔いが残っていました。二日酔いの飛行機は、冷や汗を隠し隠し。なんとか乗り切りました。





結婚式の前日には妹と祖父母とで、近所の山に登ってきました。

小学生の頃は毎週といってもいいほど登っていた山で、太宰府天満宮の裏手側にある宝満山という山です。

木々も多くて、鳥の囀りも始終聞こえますし、季節の花々も顔を見せるので、年中飽きません。(冬は閉山するようですが……)

途中に山の水を飲めるポイントも何か所かあって、実に登り飽きない山です。太い木は生命力に満ちていて、山の気を分けていただけるかのよう。

頂上には大きな岩がいくつも据えられていて、その岩の上から見下ろす景色がまた素晴らしい。丁度「もののけ姫」のサンが暮らしている山のよう。ちょっと脚色強いですかね……



という数日を経て、東京まで戻ってまいりまして、ようやく落ち着いたので更新をしています。

また、今後も少しずつ書いていきます。

Comments