blog

かちょうのおしち 終わりました。

Oct 14

2010


快楽のまばたき 『火蝶於七』
無事に公演終了いたしました。
ご来場いただいた方々、まことにありがとうございます。
八百屋のお七をベースにしたお話で、
恋に狂った女郎が、最後の最後に火つけをしてしまうという芝居なのですが、
劇場が炎上しなくてほんとうに良かったです。
もちろん対策はとってあったのですが、ヒヤヒヤとする部分が多々ありまして、、、
本物の火事を起こさなかったというだけでも、この公演、大成功だったと思います。
スタッフとして関わらせてもらいましたので、どうしてもそうゆう視点になってしまうのが
かなしいところ……
さりとて、お芝居自体も決して遜色のない、素晴らしい舞台でありました。
処女作とは思えない本を書き上げた、演出家高田百合絵。
彼女の恐ろしさは……なんとゆうか……誰にもつかめないのに、「あいつをわかってやれるのは俺だけかもしれない。」と誰もに思わせるとこかと。
彼女のまわりの人間が、彼女を「どげんかせんといかん」と走り回って、彼女を盛りたてている?
なんて適当なことを書いていると、あとから本人になにか言われそう。
ぼくとしては、初めて外部の公演にからませてもらって、演劇ができていく過程を一番の特等席でじっくり見ることができたという、それはそれは大きな収穫でありました。
ずっと自分の劇団にひきこもってやってきてので、まわりがどうなんてのも露知らず。
勉強になったのもあり、自信になったとこもあり、
なによりも大きいのは、
素晴らしい方々と巡り合えたということです。
高田百合絵さんはもちろんのこと、
主役の羽衣堂あやお姉さま。
準主役の優しいイケメン亀山浩史くん
亀山くんと同期で、パワフルな演技が魅力的な青年座の宇宙さん、橘あんりちゃん。
性別不詳の隠し玉で発酵食品のような味わいを出す、石原菜々子嬢。
芝居屋風雷紡の敏腕制作兼、花薫る舞台女優吉水恭子先生。
ステージプロジェクト翔さんからは、心やさしい縁の下の力持ち的存在の村里治彦さん。
(ちなみに、僕の福岡の専門学校の先輩にあたる方でした!!?)
快楽のまばたきの看板女優、特異な存在感で不条理を不条理と感じさせない素敵な新妻さん、鎌田佳奈子さん。
令嬢、千葉里美さまは本職歌い手さん。三オクターブですってよ!?とても頑張り屋さんで、ご自分の美学ために奉仕するという、静かな闘志をもっておられます。
そしてそして、ストロボ商店の郡司英雄さん。演劇経験豊富で、大人の雰囲気をかもしつつ、いつでも遊び心をわすれない茶目っけには、やられました。
ちょっとここには書けないような面白いこともたくさんありまして、
羽衣堂あやお姉さまが、いかに、どのように素敵かを朗々と語りたいのですが、
それをやるとまた説教タイムとなりますので、泣く泣く手を休めることにします。
いえ、ほんとうに素敵な女優さんなんです。羽衣堂お姉さま。それだけはお伝えしておきます。
今後も末長くお付き合いを続けていきたい方がたばかりでした。
これきりなんてもったいない。
それもこれもすべて、IYAYOの杉村が、快楽のまばたきに飛び込んで連絡をとったことが発端となっております。
ありがとう杉村彩。
ありがたいことに、火蝶於七では、杉村もなかなかに評判がよく、僕も杉村も驚いております。
と、かるく自慢げな話もさしはさみつつ。
さしあたっては、次回のIYAYO公演「ヴィドック?」に
快楽のまばたきの高田百合絵と
セイレーン千葉里美嬢が出演されます。
まだまだ関係は、続きそうです。
あ、次回公演のタイトル、「ヴィドック?」に決まりました。
快楽のまばたきの公演に、仮チラシを折り込ませていただきました。
が、まだ台本を書いておりません……。
チラシをみて、共演者のかたがたからも興味をもっていただけまして、
「そういえば3月暇だな~」とか「どんな芝居つくるの?」とか
おおおおおっ!?ってな反応を受けておる今日この頃。
台本が出来たらお見せしますので、それからでも考えてもらえたらという返事待ちの方もおられまして、、、、、
ぼくの双肩にプレッシャーというものが、優しく手をかけておりますよ。
がんばります!!!


Comments